生産者の思いを伝えながら

 
 

静岡県は素材の宝庫
 
海と山に囲まれた、静岡県では様々な素材を生産をしている方々がいらっしゃいます。
そんな恵まれた土地を活かした素材達を使い新しいカクテルに仕上げていく。 
生産者の方々から直接お話を伺いながら、その思いをグラスの中で表現をさせていきます。
 

 
カクテルを料理に見立てて

 
 
 

 

 

料理人の経験を持つ私にとりまして、飲み物であるカクテルを料理に置き換えて考える事がしばしばございました。 甘酸味を活かしバランスを重視して、素材の状態やお客様のお好みを伺いながら「調酒」していく。
コーディネートをしていく事が私の仕事だと考えております。
 
 

 
クリエイティブなカクテル達
 

 

 

 

 

 
 「ミクソロジー」という言葉が海外で生まれもう10年近くはなるかと思います。 
まだ理解されにくい点も有るかと思いますが、私個人の考え方としてはバーテンダーとしての「個性」でもあり、アーティスティックな一面を持つ私どもの表現方法の一つでもあるかと思います。 
私は、このスタイルの中で出来るだけベースとなるお酒を含めて素材の良い部分を活かす為のクリエイティブなスタイルの一つの技法としてとらえております。