Cocktail Time Line
1800

MINT JULEP ミントジュレップ
¥1350

アメリカ North Virginiaで生まれたけんタッキダービーの公式カクテルにもなっている。

1803

Old Fasioned オールド・ファッションド
¥1350

The Balance and Colobian Repository に1806年に紹介をされた。
世界でも注文の多いカクテルとして知られており、クラッシュアイスを詰めたグラスにウイスキーとフルーツを飾り、ゲストの好みで潰しながら調整をして飲むカクテル

1810-1840

Sazerac サゼラック
¥1350

ニューオリンズにある「サゼラックハウス」で誕生したカクテル

1838年にニューオリンズの薬局の所有者であるアントワーヌ・アメディ・ペイショードが、自身が作ったビターズをブランデートゥデイに使用したレシピがあり、1850年まではフレンチブランデーを使ったレシピになっていたが、1873年に「サゼラック」のレシピは現在のライ・ウイスキーに変わり、アブサンがレシピに加えられた。

1840-1850

Pimm's Cup
Spritizer
Pink Gin

*こちらは材料の関係上、ご用意できる場合とできない場合がございます。

1850-1880

Brandy Crusta  ブランデー・クラスタ
¥1540

invebented in 1853 Italian Bertebder
ニューオリンズで「Jewel of the Sounth」でイタリア出身のジョセフ氏によって生まれたカクテル。ブランデーをベースにしてオレンジジュースやマラスキーノを入れたフルーティーでやや強いカクテル

1850-1880

Pisco Punch ピスコ・パンチ
¥1320

サンフランシスコで生まれたとされるカクテル。ピスコとは、ペルーやチリで生産されるぶどうを蒸留したお酒。1849年のゴールド・ラッシュの頃にペルーから輸入されたとされるピスコを使いBank Exchange & Billiard Salonのダンカン・ニコル氏によって作られたカクテルとされる。

パイナップルやライムを使いフルーティーで爽やかなカクテルに仕上がっている

1850-1880

Americano アメリカーノ
¥1100

1860年イタリア ミラノ「Gaspar Campari's Bar」で生まれたとされる食前酒的なカクテル・ イタリア出身のボクサー「Primo Canera」がアメリカに渡りヘビーキュチャンピオンになった際には「アメリカーノ」と呼ばれていた(1930年)

1850-1880

Martinez マルティネス
¥1320

1860-1870年の間に生まれたされているカクテル。カクテルの女王「マンハッタン」の原型ではないかとも言われている。O.H Byronが書いた1884年のThe Modern Bartenderに記載されている。
ジンベースのカクテルとなり、強いカクテルだがエレガントでスウィーティーな味わいのカクテルとなっている。

1850-1880

Blue Blazer ブルーブレイザー

*こちらはご用意できない場合がございます。
*Can't making 

1850-1880

Manhattan マンハッタン
¥1320

カクテルの女王とも呼ばれるカクテル「マンハッタン」
チャーチル英国首相の母親が考案したという説もありますが、定かではありません。
1959年に公開された「「お熱いのがお好き」でマリリン・モンローがマンハッタンを飲むシーンがあります。この映画の舞台になったのはアメリカの禁酒法時代でした。1920年から1933年の間はモグリの酒場「スピーク・イージー」が横行していた時代でもあり、マリリンモンローが演じる歌手シュガー達の背景も感じることのできるカクテルでもあります。

1880-1890

East Endia イースト・インディア
¥1450

1882年にHarry Johnson's(ハリー・ジョンソン)Bartender's Manualに記載されているカクテル。ブランデーがベースとなり、パインジュースや、オレンジリキュールが入った、現在でも作られているカクテル

1880-1890

Dry Martini ドライ・マティーニ
¥1320

カクテルの王様とも呼ばれるカクテル「マティーニ」その逸話やレシピに関しては語りつくせぬほどのスタイルがある。バーテンダーの数だけレシピがあるとも言われるマティーニは、それだけバーテンダーが集中して作るカクテルの一つでもあるという。 とても強いカクテルであるが、当店のマティーニはなぜか飲みやすいと言われている

1880-1890

Ramos Gin Fizz ラモス・ジン・フィズ
¥1430

Henry C.Ramosによって考案されたカクテル。通常のジン・フィズの中に卵白やオレンジ・フラワーウォーターを入れるところが違う。元々、ジン・フィズを考案したのがヘンリー・ラモス氏とも言われています。相当な時間、シェイクをするので、タオルを巻いてシェいうすることもあります。